続きです。

不妊治療にエントリーをすることになったのは
再婚が32歳ということもありましたが
再婚と同時に妊娠が解り、W喜びでいたのもつかの間。
11週の検診で流産が確定となりました。
その時に妊娠や出産、そして命のバトンを繋ぐことの難しさや
命の誕生や私が生きていること。すべてが奇跡の連続であること。
弟が教えてくれたように思えました。

それからタイミングで赤ちゃんを待っていましたが
なかなか出来ず。。。

自分の中で、競争ではないのに見えない何かと競争になってきていて
当時、ya〇oo掲示板で色々情報収集や交流の中
いよいよ、不妊治療にエントリーの運びとなりました。

その門を叩いたことが、今の私の原点です。

つづきます。